車をレンタルで乗る利点

車をレンタルで乗る
レンタカーというと、一定時間(日数)で車をレンタルしてくれるサービスです。車を持っていない人で、頻繁に車を使うことが無い人が1日だけ、または数時間だけ車を必要としたとき、レンタルしてもらうことができます。
車をレンタルで乗る利点として、レンタルなので、車の維持費を気にしなくていいというのが一番にあげられます。
車を個人で持つとすると、車種によって違いますが、年間に十数万円。月に1万円から2万円ほど、よく車に乗る人や駐車場の料金などが必要な場合は、月に2万円から3万円ほどの維持費がかかってしまうのです。
最近は若い人で車を持つ人が少なくなったといいます。実際、都心部で車を所有する若い人というのは少なく、逆に地方では若い人でも車を持っていたりと、違いがあるようです。
この若者の車離れのひとつの理由として、車の維持費の高さがあります。車を1台所有するよりも、レンタルで必要に応じて車を使うほうが安上がりということです。
車をレンタルで乗るのにはお金の面でメリットが大きいですが、自分で車を持つことがデメリットばかりではありません。
レンタルで車に乗る場合と自分で車を持つ場合には、それぞれにメリットとデメリットがあります。
メリットとデメリット
車をレンタルで乗る場合と、車を購入して乗る場合のメリットとデメリットでは、レンタルのほうが費用が安いという大きな違いの他にも、レンタルと購入では違いがあります。
・ナンバー、車載物、塗装などの違い
レンタルした車は、基本的に現状を回復させて返却する決まりになっています。そのため、レンタルした車を改造するなどの変更は行えません。
購入した車は、購入した人の所有物などので、法令に違反しない範囲での改造を行うことが出来ます。
・事故を起こした場合の違い
レンタルした車で事故を起こした場合、レンタル会社の保険によって損害を補償するのが一般的です。ただし、これには限度があり、保証することが出来ない事故などもあります。
個人所有の車は、保険を自分で適用させなくてはいけません。
・税金や車検の有無
個人所有の車は、税金の支払いや手続き、車検の手続きと全て自分で行わなくてはいけませんが、レンタルの場合は保険と同じく、税金や車検の手続きを自分で行う必要はありません。
・長期間の利用
車を頻繁に使う人にとって、レンタルは負担が大きくなりますが、自家用車の場合、週に3日から4日程度、車を使う人なら、自家用車を持っておくほうがお得。
レンタルと自家用車では、それぞれにメリットとデメリットがあることがわかっていただけたと思います。車を購入するか悩んでいる方は、どういった車の使い方をするのかを考えて、レンタルにするか、それとも車を購入するか考えてみてはどうでしょうか。
レンタルとリースの違い
車のレンタルには、リースというスタイルのものがあります。
レンタルは短期間の利用に適した車の使い方ですが、リースはレンタルでも長期間の車の利用に向いた使い方になります。
リースとレンタルの違いについては、車を借りておく期間が長いか短いかの違いが、もっともわかり易いでしょう。
レンタルの場合は、時間単位で車を借りることができます。リースの場合は年単位で車を借りることができるのです。
年単位で車を借りると聞くと、リースはさぞかしお金がかかるのだろうと思った人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
1ヶ月の利用料金に計算すると、車の種類にもよりますが、月に1万円で車をリースすることができます。
リースはレンタルと同じく会社ごとにリース料金や選べる車が違います。また、リースで借りることができる車は新車に乗ることができ、契約期間を満了したら、また新車を借りることができたり、そのままリースで乗っていた車を自分の物にすることができます。
車のリースは、自分で車を購入する場合に必要な頭金なども必要なく、保険料や税金の支払いは全てリース会社が行ってくれます。用意するものとしては、車の駐車場くらいです。
レンタルは短期間、リースは長期間で税金、保険料や頭金が必要ないとおぼえておくといいでしょう。
車の使い方は人それぞれで、その人にあった車の使い方で、かかる費用を抑えることができます。車なら料金の見積りなど年単位で計算すれば、その違いがハッキリします。
関連記事
レンタカーをレンタルする前に確認すること
車のレンタルは、ちょっと車を使いたい時に便利です。普段は車を使うことがない人にとって、手軽に利用することができます。

続きを読む...